新商品「オリジナル トートバック」の販売

◆浜田広介記念館 オリジナルグッズ◆  

 「手描きエコバック」が新商品として発売開始しました。一枚一枚手描きの温かみのある絵が描かれてある商品です。同じシリーズの、和紙に色とりどりの絹糸が付いた「栞」も人気です。セットでお土産屋やプレゼントにいかがですか。  

◆エコバック   1, デザインの種類  ①「泣いた赤おに」赤おに・青おに 

                     ②「泣いた赤おに」赤おにのみ

   ③「泣いた赤おに」青おにのみ

    ④「竜の目のなみだ」裏に尻尾

   ⑤「むく鳥の夢」

  2,サイズ・価格

            S 20✕30✕10㌢ 2,500円  

       ※ お弁当や500mlペットボトルが入るサイズ。マチ付き。

            М 37✕36✕11㌢ 3,000円  

              ※ 絵本やA4サイズのノートが入るサイズ。マチ付き。

 下の写真が商品です。どうぞ参考にして、お買い求めください。

2024年2月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

久しぶりの雪景色です

記念館の周囲の景色も、久しぶりに雪化粧されて、この時期らしい広介記念館の姿になっています。

 むくどりギャラリーで行われていた「布絵本」の展示も本日が最終日です。多くの方に見ていただき、ありがとうございました。

 次の展示は、2月28日からの「ひろすけ童話 感想文・感想画全国コンクール」の入賞作品です。

 4月7日まで展示しています。特に幼児施設や小学校に通われている皆さん、そしてご指導してくださる先生方に見ていただき、来年度の作品創作の参考にしていただけたら幸いです。

 来館お待ちしております。

2024年2月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

「手作り 布絵本展」 むくどりギャラリーにて開催

 本日2月8日(木)から浜田広介記念館 むくどりギャラリーで 柴崎好子さんが制作した布絵本
を展示します。

 柴崎さんは、2006年から2015年の間、NHK学園で布絵本創作作家「穂積智津子」氏のもと作品作りに励んできました。今回展示した作品も、穂積氏のデザイン、アイディアによるものです。展示作品は20数点。どれもとても温かい作品で、見ていて心が豊かになります。

 展示は2月23日(金)までです。入館料が必要です。是非来館いただき、ご覧ください。

2024年2月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

ひろすけ童話 感想文・感想画全国コンクール 特別優秀賞入賞者 表彰式について

 先日審査が終了し、賞が決定した「ひろすけ童話 感想文・感想画全国コンクール」の特別優秀賞の入賞者について、ご報告いたします。

<感想文の部 特別優秀賞>

        山形県知事賞 「泣いた赤おに」高畠町立和田小学校 5年  添川 夢叶さん

  山形県教育委員会教育長賞 「泣いた赤おに」女川町立女川小学校 6年  阿部 竜士さん   

         高畠町長賞 「泣いた赤おに 米沢市立松川小学校2年  岡崎 佑音 さん

  高畠町教育委員会教育長賞 「泣いた赤おに 」米沢市立興譲小学校3年 鈴木 甲太郎 さん

浜田広介記念館理事長賞 うさぎのきょうだい」東大和市立第二小学校 4年  鈴木 凛音 さん

    日本児童文芸家協会賞 「光の星 」高畠町立屋代小学校4年 中山 結菜 さん

<感想画の部 特別優秀賞>

        山形県知事賞「五ひきのやもり」米沢市立松川小学校3年  遠藤 響 さん

山形県教育委員会教育長賞 「うさぎのきょうだい」 高畠町立屋代小学校4年 小室 心桜 さん

         高畠町長賞 「光の星」 子供の城保育園 3歳児 佐藤 ゆりな さん

  高畠町教育委員会教育長賞 「 泣いた赤おに 」天童市立天童北部小学校1年 牧田 至恩 さん

 高畠町教育委員会教育長賞 「 たぬきのちょうちん」 山形市立桜田小学校2年 塩野 稜太 さん

   浜田広介記念館理事長賞 「 むく鳥のゆめ 」赤湯ふたば保育園 5歳児 遠藤 恵李香 さん

浜田広介記念館理事長賞 「たぬきのちょうちん 」高畠町立屋代小学校 6年 中川 愛菜 さん

     日本児童文芸家協会賞「赤いポケット」 なかよしこども園 4歳児 佐藤 太智 さん

  日本児童文芸家協会賞 「りゅうの目のなみだ」 高畠町立高畠小学校 5年 中川 聡美 さん

※ 尚、上記のほか、<優秀賞 感想文6点 感想画20点> <優良賞 感想文8点 感想画33点>が選ばれました。入賞された皆さん、本当におめでとうございました。

※ コンクールの表彰式は、3月2日(土)高畠町 浜田広介記念館 ひろすけホールにて、受賞者、関係者によって執り行われます。参加いただく方々には、冬道ですのでどうぞお気をつけておいでください。

※ 3月3日から4月7日の期間で、今回入賞した作品すべてを展示いたします。来館いただき、是非ご覧ください。よろしくお願い致します。

 本コンクールに出品された皆さんをはじめ、関係の方々に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 下の写真は、昨年度の表彰式の様子です。

  

2024年2月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

今日は節分 記念館にはやさしいオニが

 2月3日は節分。「鬼は外、福は内」と豆まきをすると思います。しかし広介記念館では「福は内、鬼も内」の掛け声で、豆をまきます。記念館には童話「泣いた赤おに」に登場するオニのように、やさしいオニがいます。そんなオニに会いに是非おいでください。

 先週「福よこい、オニとなかよし」イベントを開催しました。節分に先立って、やさしいオニを知ってもらい、オニとなかよく遊んでもらいたいという趣旨で、昨年度から開催し、今年2回目になります。

 当日は6組の親子が参加し、「オニのパンツ作り」や「オニのお面作り」、そしてオニの福笑いや簡単なおもちゃ作りを行いました。参加された皆さんの感想は、「とても楽しかった」「また来年も参加したい」でした。是非来年も開催しますので、ご参加ください。

 3月24日(日) 今年度最後の記念館イベント「おはなし会」を開催します。今年は、「ひだまりおはなし会」の皆さんに、音楽とともに読み聞かせを披露していただく予定です。是非来館ください。

 下の写真は、1月27日の「福よこい、オニとなかよし」の様子です。

2024年2月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

今日は大寒です

 今日は大寒。にもかかわらず、穏やかな日差しで春を思わせるような景色を見ることができます。

 そんな記念館に、今日も家族連れや、昔訪ねたことを思い出しながらの一人旅の方など、様々な方がおいでくださいました。ありがとうございます。

 今日の浜田広介記念館の前庭です。なかなか雪遊びができません。

2024年1月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

第33回ひろすけ童話 感想文・感想画全国コンクールの審査が終了

 今年度の第33回ひろすけ童話 感想文・感想画全国コンクールの審査が8日に行われ、各部門の入賞作品が決定しました。全国から多くの作品が寄せられ、それぞれ描いたり文章を書いたりした人の思いがしっかり伝わる素敵な作品でした。多数の応募ありがとうございました。そして入賞なされた皆さん、おめでとうございました。

 入賞者については後日お知らせいたします。尚、表彰式は令和6年3月2日(土)、ひろすけホールにて行います。 

             下の写真は、昨年度の表彰式の様子です。

2024年1月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

令和6年 明けましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 はじめに、元日の地震で被災され、いまだ大変な生活を送られている方々に、心よりお見舞い申しあげます。早期に今の厳しい生活環境が改善されること、ご祈念申し上げます。

 さて、浜田広介記念館は本日、1月5日より開館いたしました。今年も記念館においでいただき、ゆったりとした時間をお過ごしいただければと思います。来館お待ちしています。

2024年1月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

ちりめん細工の龍(干支の辰)が今年も届きました

 記念館に毎年、神奈川から干支を形どった「ちりめん細工」が送られてきますが、今年も来年の辰を形どったかわいらしい龍が送られてきました ( 下の写真です ) 。 毎年ありがとうございます。

 来年はこの干支の龍のように、勢いよく天に昇るがごとく、記念館も発展していけるよう、そして来館いただいた方々に楽しんでいただけるよう頑張っていきたいと思います。

 どうぞよろしくお願い致します。

 今日の浜田広介記念館の風景。日差しがまぶしい、爽やかな日です。

2023年12月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada

令和5年も残すところあとわずか

 令和5年も今日を含めてあと6日になりました。浜田広介記念館の開館も、今年は明日が最後。次に開館するのは、令和6年1月5日(金)になります。令和5年は、浜田広介生誕130年、没後50年という節目の年でした。10月に記念事業を開催し、多くの方に来館いただいて、記念事業を盛り上げていただきました。改めて浜田広介の偉大さ、素晴らしさを実感しました。

 年が改まる令和6年は、辰年。記念館では、龍 ( 辰 ) をテーマにしたひろすけ童話「りゅうの目の涙」の展示や物語のスライドを見ることができます。どうぞ来年も来館いただき、辰年にちなんだ広介作品「りゅうの目の涙」はもちろんですが、広くひろすけ童話の世界を体感いただければと思います。

 本年中は様々な方に多大なるご支援ご協力いただいたことに、深く感謝申し上げます。

 よい御年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願い致します。

                                

2023年12月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hamada