ひろすけ童話賞受賞作品

第28回ひろすけ童話賞(平成29年度)

『せなかのともだち』作・萩原弓佳(はぎわら ゆか)/ PHP研究所

あらすじ

ハリネズミは崖から飛び出して、ヒツジの背に落ちてしまいました。

動けば動くほどハリネズミのハリとヒツジの毛はからまり、誰かにたすっけてもらわなくては取れそうにありません。ところが、いつも不機嫌で偉そうにしているふたりは、毛とハリを取ってほしいとお願いするどころか、命令したり怒ったりしてしまい、誰にも相手にされません。

仕方なくふたりは背中をくっつけあって旅を続けます。歩くたび、少しずつハリネズミの体は、ヒツジの毛の中にもぐりこんでいきました。

ヒツジの毛に埋もれて水も飲めなくなったハリネズミが弱りはじめたとき、ようやくふたりはこれまでの自分勝手な行動を振り返り、反省します。

そして通りがかったうさぎに、素直に助けを求めることができ、うさぎが呼び集めた仲間たちの手によって、ヒツジの毛が切られ、ハリネズミは地面に降り立つことができました。


受賞者プロフィール

1971年、大阪府生まれ。兵庫県在住。『はじめての握手』で第16回創作コンクールつばさ賞童話部門優秀賞を受賞。2016年『せなかのともだち』(PHP研究所)と改題、デビュー作となる。著書に『ラストで君は「まさか!」と言う予知夢』。『ラストで君は「まさか!」と言う 時のはざま』(PHP研究所)がある。日本児童文芸家協会会員。童話サークルわらしべ会員。

受賞者のことば

このたびは第28回ひろすけ童話賞に『せなかのともだち』を選んでいただきありがとうございました。選考委員、関係者のみなさまに心より感謝申し上げます。

この作品は私のデビュー作です。はじめて書店に並んだ自分の書籍ということで、とても愛着のある作品でしたが、今回さらに栄誉ある賞をいただき、感動もひとしお、ますます大切な存在となりました。今後は「デビュー作が作家人生のピーク」とならないように、ますます精進していきたいと思います。

第27回ひろすけ童話賞(平成28年度)

『おならくらげ』作・ささきあり/フレーベル館

あらすじ

小学2年生のヒロキは、同級生のカンタに「のろま」と言われるし、みんなから笑われるしと、何をやってもうまくいかずしょんぼり。

自分がいやだ、カンタなんてきらいだ!とおふろで思ったとたん、おならがぶぷう!出てきたおならがしゃべり出して、ヒロキはびっくり。そいつは〈おならくらげ〉と名乗り、ヒロキを応援しようと思って、心の中から出てきた、と言って消えた。

つぎの日、ヒロキが教室でおならくらげを出してしまい、それを見たクラスのみんなもおならもくらげを出していっぱいになった。

カンタだけ、おならくらげが見えず、ヒロキをうそつき扱いするが、ヒロキはおならくらげに応援され、勇気を出してカンタにはじめて意見を言う。そのおかげで、カンタのおならくらげが現れ、カンタの心のうちを明かす。ヒロキはカンタの気持ちを知り、カンタもすっきりした気分になる。おならくらげは、みんなを応援する言葉を言って消えていき、教室にはおならのにおいと、みんなの笑顔が残ったのだった。

受賞者プロフィール

1969年、千葉県生まれ。出版社勤務後、フリーランスの編集記者となる。著書に『ふくろう茶房のライちゃん』(佼成出版社)『せんそうってなんだったの?』『父ののこした絵日記』(学研)、『おんなのこ めいさくえほん』シリーズ(西東社)などがある。日本文芸家協会会員。

著作リスト

『おならくらげ』(フレーベル館)

『ふくろう茶房のライちゃん』(佼成出版社)

『せんそうってなんだったの?第二期 父ののこした絵日記』(学研)

『おんなのこ めいさくえほん』シリーズ(西東社)

『親子でわくわく 日本むかしばなし絵本』(西東社)

『はじめての えいごえほん』せかいのおはなし①、にほんのおはなし②(くもん出版)

ホームページ http://sasakiari.com

受賞者のことば

創作の海はあまりに広く、どこへ向かったらいいのか、わからなくなることがあります。そんなとき、浜田広介先生の「児童文芸は児童のために、良心を土台にして作り出されるもの」という言葉を、灯台にしてきました。本賞を賜ったことで、それでいいんだと、言っていただけたように感じています。広い海を行くのは不安もありますが、次の港を目指して、たゆまず進んでいきたいと思います。

第26回ひろすけ童話賞(平成27年度)

『わたしちゃん』作・石井睦美/小峰書店

あらすじ

まりは、パパの仕事の都合で夏休みに海のない町へ引っ越してきました。大好きな海や友だちと離れてしまったのです。ママはお片付け、パパは会社、しかも新しい町にはまだ友だちがいないので、夏休みなのに誰とでも遊べません。公園に行ってみることにしたまりは、途中、誰もいない道で声をかけられます。妖精?おばけ?そう思っていると、生垣からあらわれた女の子に庭で遊ぼうと誘われます。庭にはすてきなおままごとの道具がありました。夏休みにおじいちゃんお家にきたという女の子。まりは、海を知らないという女の子と海に行く約束をします。はじめて遊んだのに、ずっと前から知っている友だちみたい…。と帰り際、名前を尋ねると、女の子は「わたし」と答えます。まりは、変わった名前だけどいい名前とおもいながら、「わたしちゃん、またあしたね」と別れます。ところが、翌日家を訪ねると、家から出てきたおばあさんに「うちにはこどもがいない」といわれてしまいます。家を間違えたのではありません。でも、まりにはおばあさんがうそをいっていないこともわかりました。夏休みの間、何度も家の前まで行きますが、わたしちゃんに会うことはありませんでした。まりは、海へ行くたび、「わたしちゃん、海に行ったのかな」と思うのでした。

受賞者プロフィール

1957年、神奈川県生まれ。フェリス女学院大学卒。出版社勤務の後、前川康男氏に師事し、創作をはじめる。『五月のはじめ、日曜日の朝』で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞、『皿と紙ひこうき』で日本児童文学者協会賞、翻訳を手がけた『ジャックのあたらしいヨット』で産経児童出版文化大賞を、また小説『パスカルの恋』で朝日新人文学賞を受賞。2005年から2012年まで雑誌「飛ぶ教室」の編集人を務めた。

受賞者のことば

わたしの創作活動は、ある夜に見た夢から始まりました。書き記すと、原稿用紙五枚の物語みたいなものができました。その日から、童話を書きはじめました。幼年の童話を書くことは、なによりも難しいことでした。それは、幼年の目で世界を見、幼年のこころで世界を感じ、そしてそれを表現することが難しいからです。楽しくて、難しい。幼年童話『わたしちゃん』で、この素晴らしい賞をいただけたことをこころから感謝し、精進を重ねたいと思います。