夢あふれる童話の里へようこそ

ニュース

2024年7月6日
【イベント】古本市7月17日~8月4日
2024年7月4日
【イベント】浜田広介について学ぶ‐学習会-8月3日(土)
2024年7月2日
【イベント】絵をかこう7月27日(土)
2024年6月5日
【募集!】第21回ひろすけ童話造形創作コンクール
2024年6月1日
【募集!】第34回ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクール
› 続きを読む

浜田広介記念館

浜田広介は、山形県の童話作家で「日本のアンデルセン」とも呼ばれています。日本の児童文学の先駆け的存在で、作家人生50余年の間に、約1000編もの童話や童謡を世に送り出しました。代表作品として「泣いた赤おに」「りゅうの目のなみだ」「よぶこどり」「むくどりの夢」などがあります。

浜田広介記念館は、その業績を広く永く伝えたいと平成元年に広介の故郷山形県高畠町に開館しました。